9月1日は「防災の日」でしたね。

 

日本各地で防災訓練が行われていたようですが、明日来るかもしれない大災害に備えて、

日頃から防災意識を持つことは重要なことですね。

 

また、防災は想像力だとよく聞きますが、最悪の事態を想定し、その事態に備えることも大切なことだと思います。

 

例えば、

満潮時に大地震が発生し、津波が押し寄せたら...。

また、そのときに台風が接近し豪雨が降ったら...。

豪雪が降った山で噴火が起こったら...。

ミサイルが飛んできたら...。

考えただけでも恐ろしいですが、絶対にこのような災害は発生しないと言い切れるでしょうか。

 

報道でよく未曾有の災害と聞きます。つい先日の台風10号が猛威をふるいましたが、東北に台風が上陸したのは統計開始以来初だったと。

今まで発生したことがないから今後も大丈夫だという考えは改めなければならないかもしれません。